ワンダーストラック

ワンダーストラック

ワンダーストラック

ABOUT THE MOVIE

INTRODUCTION

『キャロル』『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督新境地にして最高傑作!!

居場所を無くした子供たちが勇気を出して踏み出す、
人生という名の驚きと幸せに満ちたワンダーランド

“永遠に残る愛の名作”と称えられ、アカデミー賞®6部門にノミネートされた『キャロル』から2年、全世界が熱望するトッド・ヘインズ監督の最新作が完成した。アカデミー賞®5部門に輝いた『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックによるニューヨークタイムズ・ベストセラー小説の映画化で、セルズニック自身が初の映画脚本に挑戦している。

人種差別や同性愛など、現代に生きる私たちにとって重要な問題をテーマにしてきたヘインズ監督が今回描くのは、愛する人も居場所も失くした少年と少女が、初めてぶつかる人生の壁を懸命に乗り越えていく姿。舞台は、1927年と1977年。各々の時代に、大切な人を探すためにニューヨークへと旅立った彼らは、不思議な運命に導かれてアメリカ自然史博物館に迷い込む。勇気を出して外の世界へと飛び出したふたりを待っていたのは、行く先々で次々と現れる“驚きと幸せの一撃=ワンダーストラック”だった──。

初めてティーンを主人公に迎えたヘインズ監督が、ふたつの時代を行き来する壮大な世界観で創り上げたのは、人生という名のワンダーランド。絶頂期に突入したヘインズ監督の新境地にして最高傑作が、いよいよ日本にも胸躍る一撃を与えてくれる。

STORY

1977年、ミネソタ州ガンフリント。12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エレイン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。

ある嵐の夜、母の家に秘かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。中にはキンケイド書店のしおりが挟まれていて、「愛を込めて、ダニー」と記されていた。きっと父親だと直感して書店にかけようとした電話に、雷が落ちてしまう。病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなっていたが、父親を探すためにニューヨークへと旅立つ。

何とかキンケイド書店を見つけるが、店は閉店していた。途方に暮れたベンは、声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)のあとをついて行き、自然史博物館に辿り着く。

STORY
STORY

1927年、ニュージャージー州ホーボーケン。生まれた時から耳の聞こえないローズ(ミリセント・シモンズ)は、大きな屋敷に父と使用人たちと暮らしていた。支配的な父とは心が通わないローズにとって、女優のリリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)の映画を観て彼女の記事を集めることだけが心の支えだった。

ある日、リリアンがニューヨークの舞台に出演すると知ったローズは、彼女に会いに行こうと決意し、ひとりで船に乗る。兄のウォルター(コーリー・マイケル・スミス)が働く自然史博物館にも行ってみたかった。ローズはリリアンが稽古中のプロムナード劇場を探しあてるのだが──。

 1977年、父親が自然史博物館で働くジェイミーに、立ち入り禁止の資料室へと導かれるベン。そこでベンは、母と“ダニー”の出会いにまつわる書類を発見する。果たして、ダニーがベンの父親なのか? 彼は今どこで何をしているのか? その先には、ローズが鍵を握る、さらなる謎が待ち受けていた──。

STORY

CAST

  • オークス・フェグリー(ベン)
  • ミリセント・シモンズ(ローズ)
  • ジュリアン・ムーア(リリアン・メイヒュー)
  • ジェデン・マイケル(ジェイミー)
  • コリー・マイケル・スミス(ウォルター)
  • トム・ヌーナン(ウォルター)
  • ミシェル・ウィリアムズ(エレイン)
オークス・フェグリー(ベン)

OAKES FEGLEY

オークス・フェグリー(ベン)

2004年11月11日アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。’14年『アイアン・ソルジャー<未>』で俳優デビュー。マーティン・スコセッシによるTVドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」ではナッキーの弟イーライの少年時代を演じ、TVドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」ではサマリタンの代弁者ガブリエル役として出演。舞台でも活躍しており、「On Borrowed Time」ではオスカー俳優ジョエル・グレイと共演。ディズニーによるヒット作『ピートと秘密の友達』(16)では主演を果たすなど、幅広い分野でキャリアを積んでいる。

ミリセント・シモンズ(ローズ)

MILLICENT SIMMONDS

ミリセント・シモンズ(ローズ)

アメリカ・ユタ州生まれ。アメリカ全土に渡り行われたオーディションで、トッド・ヘインズの目に留まる。1歳の時、投薬過多により聴覚を失い障害を持つ。3歳の頃からJean Massieu ろう学校に通い始め、5年間演劇部に在籍。シェイクスピアの「真夏の夜の夢」でパック役で優秀賞を受賞、ユタ州立大学から短編映画「Color of the World」の演技で表彰された。現在もユタに在住し、サッカー、読書、旅行、家族と過ごすことを楽しみ、ろう俳優の提唱者になることを目標としている。

ジュリアン・ムーア(リリアン・メイヒュー)

JULIANNE MOORE

ジュリアン・ムーア(リリアン・メイヒュー)

1960年12月3日、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。ニューヨークタイムズ・ベストセラー作家であり、アカデミー賞®・エミー賞の受賞女優であり、同年に2つのオスカーノミネートを果たしたアカデミー史上9番目の人物とされる。『エデンより彼方に』(03)でヴェネチア国際映画祭女優賞受賞、アカデミー賞®主演女優賞ノミネートを果たす。『めぐりあう時間たち』(03)ではベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)受賞、アカデミー賞®助演女優賞にノミネートされた。さらに、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(14)でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。主要ヨーロッパ映画祭で最高賞を受賞した唯一のアメリカ人女優である。60以上の作品に出演し、2015年には『アリスのままで』でオスカー、BAFTAにおいて最優秀女優賞を受賞した。ムーアは非営利団体「The Children’s Health Fund」の参与であり、「プランド・ペアレントフッド」や「結節性硬化症アライアンス」の支持者でもある。

ジェデン・マイケル(ジェイミー)

JADEN MICHAEL

ジェデン・マイケル(ジェイミー)

3歳の頃から「Nick Jr.」や「セサミ・ストリート」などのTV番組に出演するなどキャリアをスタート。TVアニメ「ドーラといっしょに大冒険」でベビー・ジャガーの声を務めた。『Custody』(16/未)のデビッド・ディアス役で知られ、ヴィオラ・デイヴィスやエレン・バースティンと共演。バズ・ラーマン原作・制作のNetflixドラマ「ゲッド・ダウン」にゲスト出演、人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」、「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」等の寸劇にも登場した。映画では『パターソン』(17)に出演。

コリー・マイケル・スミス(ウォルター)

CORY MICHAEL SMITH

コリー・マイケル・スミス(ウォルター)

1986年11月14日、アメリカ・オハイオ州生まれ。舞台からキャリアを始め、’13年に「ティファニーで朝食を」でブロードウェイデビュー。’14年にクリステン・スチュワート主演作『レディ・ソルジャー』(14/未)で長編映画デビューを果たす。主な出演作はトッド・ヘインズ監督作『キャロル』(16)、TVミニシリーズ「オリーヴ・キタリッジ」など。FOXの人気ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」でエドワード・ニグマ役を演じ、人気を博す。

トム・ヌーナン(ウォルター)

TOM NOONAN

トム・ヌーナン(ウォルター)

1951年4月12日、アメリカ・コネチカット州生まれ。『刑事グラハム/凍りついた欲望』(88)や『ロボコップ2』(90)等のヒット作に出演。監督・脚本・出演を務めた映画『What Happened Was…』(94/未)はサンダンス映画祭の審査員賞最優秀ドラマ映画作品賞、インディペンデント・スピリット賞2部門にもノミネートされた。チャーリー・カウフマン監督作『脳内ニューヨーク』(09)では共演者たちとゴッサム・インディペンデント映画賞アンサンブル演技賞を分かち合った。近年ではTV界でも活躍、SFドラマ「12モンキーズ」やヒットシリーズ「ブラックリスト」、「ダメージ」で記憶に残る演技を披露した。俳優活動の一方で、卒業生でもあるイェール大学、コロンビア大学、スクール・オブ・ビジュアル・アーツ、ニューヨーク大学で、映画学部の教授を務めている。

ミシェル・ウィリアムズ(エレイン)

MICHELLE WILLIAMS

ミシェル・ウィリアムズ(エレイン)

1980年9月9日、アメリカ・モンタナ州生まれ。ゴールデン・グローブ受賞と3度の同賞ノミネート、トニー賞ノミネート、批評家協会賞受賞と4度のアカデミー賞®ノミネート歴を持つ、ハリウッドで最も愛され引っ張りだこの俳優の1人。『ブロークバック・マウンテン』(06)でアカデミー賞®助演女優賞にノミネートされ注目を集める。主な出演作に、『ブルーバレンタイン』(11)、『シャッター アイランド』(10)、『テイク・ディス・ワルツ』(11)、『マリリン 7日間の恋』(12)、『オズ はじまりの戦い』(13)など。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(17)では4度目のオスカー候補となったほか、ニューヨーク批評家協会賞などで助演女優賞を受賞した。『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』、『グレイテスト・ショーマン』(共に18)が日本公開待機中。

STAFF

監督:トッド・ヘインズ

TODD HAYNES

監督:トッド・ヘインズ

1961年1月2日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。芸術に高い関心を持ち、ブラウン大学では美術と記号学を専攻。その後NYへ移り、’87年に短編『Superstar: The Karen Carpenter Story』を監督、バービー人形を使ってカレン・カーペンターの生と死を描き注目される。’91年『ポイズン』(93)で長編監督デビューを果たして以降、ヴィレッジ・ヴォイス誌が「90年代最高の映画」に選んだ『SAFE』(99)、70年代グラムロックスターを描いた『ベルベット・ゴールドマイン』(98)、50年代ダグラス・サーク監督のメロドラマにインスパイアされた『エデンより彼方に』(03)、豪華キャスト6人にボブ・ディランを演じさせた『アイム・ノット・ゼア』(08)等、国際的に高く評価される作品を次々に生み出す。’11年にケイト・ウィンスレット主演のTVドラマ「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」で監督・共同脚本を務め、ゴールデン・グローブ賞3部門受賞、エミー賞21部門ノミネート、同賞5部門を受賞した。パトリシア・ハイスミス原作「The Price of Salt」の映画化『キャロル』(16)では、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラを主演に迎え、アカデミー賞®6部門、ゴールデン・グローブ賞5部門、BAFTA9部門にノミネートされるなど賞レースを騒がせ、BFIによる「史上最高のLGBT映画30」の第1位に輝いた。

原作/脚本:ブライアン・セルズニック

BRIAN SELZNICK

原作/脚本:ブライアン・セルズニック

1966年7月14日、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。作家兼イラストレーター。’12年アカデミー賞®11部門ノミネート、5部門受賞のマーティン・スコセッシ監督作『ヒューゴの不思議な発明』の原作「ユゴーの不思議な発明」でコルデコット賞受賞。本作の原作『ワンダーストラック』では著者兼イラストレーターでもある。その他のイラスト著作は「The Marvels」、「アナベル・ドールの冒険」3部作(アン・M.マーティン&ローラ・ゴドウィン著)、「ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜」(バーバラ・ケアリー著)など。プロの操り人形師としても活動、バジル・ツイスト(NYを拠点に活躍する操り人形師)と共に自身のデビュー作「The Houdini Box」のミュージカルを準備中。

SANDY POWELL

エグゼクティヴ・プロデューサー/衣装デザイナー:サンディ・パウエル

1960年、イギリス・ロンドン生まれ。マーティン・スコセッシ、トッド・ヘインズ、ニール・ジョーダン、デレク・ジャーマンらの作品を多く手掛ける。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(09)、『アビエイター』(05)、『恋に落ちたシェイクスピア』(99)で3度のアカデミー賞®衣装デザイン賞受賞に輝き、『キャロル』(16)、『シンデレラ』(15)、『オルランド』(93)、『鳩の翼』(98)、『ベルベット・ゴールドマイン』(98)、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(02)、『ヘンダーソン夫人の贈り物』(06)、『テンペスト』(11)、『ヒューゴの不思議な発明』(12)で9度ノミネートされる。’11年には映画産業での貢献を称えられ、大英帝国勲章を贈られた。

ED LACHMAN

撮影監督:エドワード・ラックマン

1948年、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。トッド・ヘインズ監督作品に多く携わり、『エデンより彼方に』(03)、『キャロル』(16)ではアカデミー賞®撮影賞にノミネートされた。ヴィム・ベンダース、スティーヴン・ソダーバーグ、ポール・シュレイダーらとの仕事が多い。主な代表作は、ロバート・アルトマンの遺作『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(07)、ソフィア・コッポラの監督デビュー作『ヴァージン・スーサイズ』(00)、アカデミー賞®でジュリア・ロバーツが主演女優賞を受賞した他5部門ノミネートのソダーバーグ監督作『エリン・ブロコビッチ』(00)など。

MARK FRIEDBERG

美術:マーク・フリードバーグ

アメリカ・ニューヨーク州生まれ。芸術を専攻し、90年代初頭のインディーズ映画ムーブメントの傑作『イン・ザ・スープ』(93)等で美術を担当、その後『アイス・ストーム』(98)、『コーヒー・アンド・シガレッツ』(05)、『ダージリン急行』(08)、『アクロス・ザ・ユニバース』(08)、『脳内ニューヨーク』(09)等、多くのインディペンデント作品を手掛ける。トッド・ヘインズ監督作では『エデンより彼方に』(03)、TVドラマ「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」で担当した。近年ではスタジオ作品も手掛け、『プリティ・ブライド』(99)、『ニューイヤーズ・イブ』(11)やミュージカル「プロデューサーズ」、『パターソン』(17)、『グローリー 明日への行進』(15)等がある。

CARTER BURWELL

作曲:カーター・バーウェル

1955年、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。これまでに80以上の映画音楽を手掛けている。コーエン兄弟やスパイク・ジョーンズ監督の多くの作品で音楽を担当。主な代表作は、『ファーゴ』(96)、『トワイライト~初恋~』(09)、『ベルベッド・ゴールドマイン』(98)、『かいじゅうたちのいるところ』(10)。今回4度目のタッグとなるトッド・ヘインズ監督とは、『キャロル』(16)では放送映画批評家協会賞音楽賞、ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞®で作曲賞にノミネートされ、ロサンゼルス映画批評家協会賞作曲賞を受賞した。公開待機作は『スリー・ビルボード』(18)、『Goodbye Christopher Robin』(18)がある。

preloader